賃貸マンションで畳がある和室を借りるメリット

賃貸マンションで畳がある和室を借りるメリット

畳がある和室は一般的に家賃が安く、構造上収納が広いというメリットがあります。た和室を活かした部屋は、家賃や敷金・礼金など値段の面でも好条件の物件に出会える可能性が高いのが魅力です。

この記事では賃貸で畳のある和室を借りるときのメリットを解説します。

畳は従来日本の環境に合った部屋の形態なので、日本伝統文化を感じられるのも魅力の1つです。

賃貸マンションで畳の部屋を選ぶメリット

賃貸で畳のある和室に住むメリットをご紹介します。

  • 好条件の物件が多い
  • 足音が下の階に響かない
  • 物を落としても壊れにくい
  • 部屋の湿度を調節する
  • 断熱効果

好条件の物件が多い

画像

畳がある和室の賃貸マンションは好条件で借りれる物件も多く、同じ条件の洋室と比べると費用面でのメリットが大きいのです。

和室の構造上も洋室より収納が広いなど、利点もあります。

家賃の相場が安い

畳のある和室はフローリングの部屋に比べて家賃が安い上に、フリーレント付き、敷金礼金が不要など費用の節約にもなります。

部屋を探す地域によっても前後しますが、家賃は1万円以上安い場合もあるので家賃を抑えたい方にはおすすめです。

収納が広い

画像

フローリングの部屋と比べて畳の部屋は収納が広く取れます。

畳の部屋の場合、和室の構造上布団をしまう押し入れ、天井との隙間を活かした天袋という収納場所が、洋室よりたくさんあるのも魅力の1つです。

日本には押し入れ用ハンガーラックなども売られており、布団以外の収納に使うのも可能です。

足音があまり響かない

フローリングは下の階に足音が響きやすいですが、畳の素材であるい草が空気を含んでいるので和室には遮音効果が期待できます。

特に小さい子供がいる家庭や安心して生活ができ、下の階への音漏れなどによるトラブルも避けられます。

物を落としても壊れにくい

画像

畳はクッション性が高いため、畳の上で割れ物を落としてしまっても壊れにくいです。

スマホや携帯ゲーム機などもフローリングの上に落とすよりも傷がつきにくい上、遮音効果で下の階へも気を使わずにすみます。

また小さいお子さんはそのまま寝転んだり座ったりしても、安全です。

部屋の空気を快適にしてくれる

畳には空気中の水分を吸収する働きがあり、梅雨から夏のじめっとした部屋の湿度を抑えてくれる効果があります。

冬場は乾燥している空気に水分を放出するため、部屋が乾燥しづらくなります。
畳のある和室は、年中快適な空気にしてくれるので快適に過ごせます。

断熱効果

い草は断熱性と保温性に優れています。

そのため、フローリングよりも冷えにくく温まりにくいのが特徴です。

賃貸マンションで畳がある和室はメリットが多い

画像

畳のある賃貸は家賃が安くて収納も広く、畳の素材であるい草は部屋を快適に保つのにも役に立ちます。

洋室で条件に合う物件がない場合は、和室の賃貸マンションの検討をおすすめします。

日本へのお引っ越し、生活サポートはスマートリロケートへ

国外から日本へのお引っ越しや生活サポートは、「スマートリロケート」へお任せください。

物件探しから日本への引っ越し手続き、移住後の生活のお手伝いなど幅広いサービスを提供しています。

詳しいサポートについてはこちら:スマートリロケートのサービス

メールでのご相談はこちら:

日本語のメールフォーム

英語のメールフォーム

もしくはサイト右側の「Line」ボタンよりチャットサービス「Line」でのやり取りが可能です。

日本語、英語に対応しています。

SUMA-RELO NAVI LINE

急な転勤やお引越しが決まったら、スマリロナビへお問合せください。
最新の空室情報をすぐにお調べいたします!

047-303-3500 営業時間 10:00 - 18:00
LINE登録はこちら!