ガスコンロの魚焼きグリルで魚を美味しく焼く下準備と方法

ガスコンロの魚焼きグリルで魚を美味しく焼く下準備と方法

日本ではガスコンロを購入したり、賃貸マンションに備え付けてあるガスコンロ、ihクッキングヒーターには魚焼き用のグリルが付いていることがあります。

この記事ではガスコンロについている魚焼きグリルで、魚を美味しく焼くための下準備と方法をご紹介します。

家のガスコンロの魚焼きグリルで魚を焼く時の下準備

自宅のガスコンロの魚焼きグリルで魚を焼く時は、まず魚焼きグリルの種類を確認しましょう。

画像

魚焼きグリルには網の下の受け皿に水が必要なもの、水を入れなくても良い2つの種類があります。

詳しくは「ガスコンロの魚焼きグリルの使い方と注意点」に書いていますので、こちらを最初にチェックしておいてくださいね。

ガスコンロの魚焼きグリルで魚をおいしく焼く方法

画像

では、ガスコンロの魚焼きグリルで魚をおいしく焼く方法をご紹介します!

日本はもともと自宅で魚を焼く習慣があり、 スーパーマーケットでも冷凍ではない魚を簡単に買えます。

日本で伝統的な日本の生活スタイルを試してみたい方は、ぜひこちらの方法で魚を焼いてみてください。

1. 余熱で温める

魚をグリルに入れる前に5分ほど余熱で温めます。

そうすると魚が網に引っ付くのを抑えることができます。

また余熱で温めることで焼いたときの見栄えがよくなるほか、魚焼きグリルを使った後の掃除も楽になります。

2. 強火で焼き目をつける

グリルで魚を焼くときは初めに強火にして、魚の皮に焼き目をつけましょう。

上下に熱源がない片焼きグリルの場合には、ひっくり返した後は中火にして中まで火を通します。

ずっと強火にしていると、魚の外側が焦げて中身は生焼けになる場合があります。

中火で焼くと焼き目がつかずに時間がかかるため始めは一気に強火にし、半分焼けたところで中火にします。

ガスコンロの魚焼きグリルは高温で魚を焼くので、魚の生臭さが少なく香ばしく仕上がります。

またフライパンで焼くよりも魚の表面はパリッとして、身はふっくらおいしく焼くことができます。

日本食が好きな方、自宅で魚を焼きたい人はぜひ試してみてください。

日本へのお引っ越し、生活サポートはスマートリロケートへ

国外から日本へのお引っ越しや生活サポートは、「スマートリロケート」へお任せください。

スマートリロケートではこうしたお引越し後の日本での生活のサポートも行っていますので、日本との文化の違いや住宅事情の違いなども考慮しながら物件探しができます。

詳しいサポートについてはこちら:スマートリロケートのサービス

メールでのご相談はこちら:

日本語のメールフォーム

英語のメールフォーム

もしくはサイト右側の「Line」ボタンよりチャットサービス「Line」でのやり取りが可能です。

日本語、英語に対応しています。

SUMA-RELO NAVI LINE

急な転勤やお引越しが決まったら、スマリロナビへお問合せください。
最新の空室情報をすぐにお調べいたします!

047-303-3500 営業時間 10:00 - 18:00
LINE登録はこちら!