賃貸マンションの部屋選びで失敗しないポイント【設備編】

賃貸マンションの部屋選びで失敗しないポイント【設備編】

賃貸マンションの部屋を探している時に設備に関して、内覧などで注意して確認すべきポイントを解説します。

借りる部屋の設備の古さは出来る限り内覧をして、ご自身の目で確かめておくことが大切です。

スマートリロケートでも行っているような遠方の方向けのインターネットを通しての内覧などは、不動産屋業者にこの記事で解説するポイントを尋ねて確認をしておきましょう。

賃貸マンションの部屋の設備の老朽具合は内覧で必ず状態を確認

画像

部屋の間取りなどと同じく賃貸マンションの部屋選びでは設備の古さは、実際に暮らした時の快適さが大きく変わります。

設備に関しては間取りや家賃に比べて、あまり意識が向かないのも確かです。見落としがちになってしまうので、注意を忘れずに。

マンションの設備は、住人全体で使う共有設備と各部屋の専有設備があり、古さや設備の充実度合いが意外に生活にも関わってきます。

賃貸マンションの共有設備は、主に廊下やエントランス、生活用の水をためる貯水タンクなどのことです。

賃貸マンションの部屋の占有設備で確認すべきポイント

次に借りたい部屋の設備で確認するべきポイントです。

カビがすぐ生える?湿気の多さは要注意!

画像

日本は2ヶ月ほど続く梅雨の影響もあり夏は特に湿度が高くなるため、部屋自体が湿度が高い部屋はカビに悩むことになるかもしれません。

カビが生えにくい部屋の条件は風通しが良いことが1番です。換気扇や換気口、窓から風がしっかり入ってくる部屋です。

逆にカビが生えやすい部屋は換気扇がない、窓から風が入らない部屋です。

カビが発生しやすい部屋かどうかを確認するには、いくつか見るべきポイントがあります。

画像

  • サッシの横や窓のフチの木材が変色していないか
  • 窓に結露の跡がないか
  • 収納や浴室から普段はしない匂いがしないか
  • 壁紙や床の一部に黒いシミや剥がれがないか

もし窓の近くや床、壁紙の一部が変色していたら、カビが生えやすい部屋かもしれません。

カビが発生しやすいと掃除が大変、健康に影響が出るなど日々の生活にも強く関係してきます。

古い物件は要注意。排水パイプの詰まり

画像

目には見えませんが、水廻りのパイプの詰まりやすさもチェックする必要があります。特に古い家は水道のパイプの老朽流れが悪く、異臭が発生しやすくなります。

同時にパイプが老朽化していると壊れやすかったり、詰掃除も業者に掃除や修理を依頼するなど面倒も多くなります。

建ててから年数が経っているマンションはパイプの交換時期や実際に内覧時に流れが悪くなっていないか、などを確認しておきましょう。

日本へのお引っ越し、生活サポートはスマートリロケートへ

国外から日本へのお引っ越しや生活サポートは、「スマートリロケート」へお任せください。

物件探しから日本への引っ越し手続き、移住後の生活のお手伝いなど幅広いサービスを提供しています。

詳しいサポートについてはこちら:スマートリロケートのサービス

メールでのご相談はこちら:

日本語のメールフォーム

英語のメールフォーム

もしくはサイト右側の「Line」ボタンよりチャットサービス「Line」でのやり取りが可能です。

日本語、英語に対応しています。

SUMA-RELO NAVI LINE

急な転勤やお引越しが決まったら、スマリロナビへお問合せください。
最新の空室情報をすぐにお調べいたします!

047-303-3500 営業時間 10:00 - 18:00
LINE登録はこちら!